スキンケア

暑い!寒い!うるさい!臭い!ストレス要因の気づきが美肌を育む

ちょっとしたイライラの蓄積が肌ダメージに

日常生活を送っていると、一日の中でイライラしたり、悲しくなることがあるでしょう。それをストレスと呼んで、発散、解消出来ている人は美容にとっても健康にとっても理想です。心配なのは、ストレス要因に気づかず、蓄積されていることです。
そこでこちらでは、そもそもストレスとは何か、正しく向き合って快適な毎日を送るために 必要な知識をご紹介いたします。

物理的・心理的 ストレスを感じやすいのは?

まず基本からお話しさせて頂きますと、「ストレス」とは、外からの有害のある刺激(ストレッサー)によって変化した、心身の状態を指します。ストレッサーには2つ。
●外側から攻撃する「外的ストレッサー」
天候(暑さ、寒さ、湿度など)、環境(臭い、騒音など):物理的なストレス。
外傷・感染・過労など:化学物質、生理的なストレス。
●内側から発する「内的ストレッサー」
人間関係や病気、将来への不安や悲しみ、苛立ちなどによる心理的なストレス。

こうしてみると、自分は何がきっかけでイライラしやすいとか、悲しくなるといったストレス要因の気づきになるはずです。

血流を悪くするメカニズムを知ろう

暑い!寒い!うるさい!
イライラ、カリカリ…そんなストレスを真っ先に認知するのは「脳」。次に「自律神経」です。自律神経には、活動する時に働いて興奮の体調をつくる「交感神経」、休む時に働いて、リラックスの状態をつくる「副交感神経」の2つ。

シーソーのようなバランスで保たれています。

身体の内部をイメージすると納得!

悲しみや不安のような感情を抱くと、自律神経の交感神経が緊張する反応が起こり、脈拍が早くなって血流障害が起こります。緊張した場面で胃痛が起こるのは、緊張というストレスによる血流障害が原因の一つです。

血流が悪くなれば、肌に大事な栄養が行きわたらず、肌不調やニキビが出来ることも。美しい肌にとってストレスが大敵というのは、このようなメカニズムによるものと言えます。

まとめ

視覚や嗅覚を心地よくしてるものを取り入れて、ストレス軽減、溜めないように心がけてみましょう。それが美肌に効果的作用をもらたすはずです。