シミ

とにかくシミを消したい!シミの種類と原因の把握で透明肌へ

シミは濃さ・大きさ・高さが目立って老けた印象に

シミは顔だけでなく、手の甲や二の腕、脚、肩、背中などに表れるもの。
消したい!と思って擦ったり、美白化粧品を必要以上にすり込んだり……何とかしようと焦ると悪化させてしまうことがあります。シミは消すことが出来るのか、調査してみました。

シミは濃く大きくなる!?原因は1つじゃない?

こんなところにシミ、あった?シミは時間をかけて肌表面に浮き上がり、適切なケアをしなければ濃くなったり、シミとシミがつながって広がることがあります。
その原因の代表格ともいえる紫外線は、100%ガードすることは難しく、他にもホルモンや活性酸素など、何が引き金となってシミがつくられるのか、特定することは困難です。
また、肌に何かしらの刺激や炎症が起こった時の“防御反応”で出来ることがあります。

シミが見た目のコンプレックスに

シミは、老化現象が見た目に表れたと認識している人もいるでしょう。
中にはたった1つのシミが気になって、悩みやコンプレックスに感じる、心の持ち様にも影響が出てきます。
鏡ばかり見てシミが気になる、あれこれ商品を試してしまうという人は、一度リセットする必要があります。自分のシミの状態を、次を参考にチェックしてみてください。

自分のシミはどれ?すっぴん肌で要チェック!

シミには、適切なセルフケアで薄くなったり、美容皮膚科などでの施術を受けることで解決するものがあります。さっそく明るい部屋で、素肌の状態でシミの色、形、大きさ、位置をチェックしてみましょう。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」とは、太陽光の紫外線の刺激による、メラニンの増加や沈着が原因で出来るもの。紫外線を浴びやすい体の部位に出来やすく、出来始めは薄い茶色で、長年紫外線を浴びた肌は、濃くはっきりしてきます。
<改善方法>
肌表面のケアは、薄いシミは美白化粧品やピーリングなど、はっきり濃いシミは、美容皮膚科でレーザー治療などが有効的。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
「炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)」とは、傷痕、ニキビ痕、虫刺され痕、極度の日焼けなどによって出来る色素沈着のこと。
顔、背中、胸などニキビが出来やすい部位、日焼けしやすい腕、脚、座る姿勢が長時間続くと負担がかかり、お尻などに見らます。時間の経過とともに消える一時的なものと、代謝が悪く慢性的なものがあります。
<改善方法>
ホームケアには美白化粧品やピーリング化粧品、美容皮膚科での治療にはレーザー、光治療、ケミカルピーリング、内服薬、外用薬など。

肝斑(かんぱん)
「肝斑」とは、頬骨のあたりや口まわりの左右対称にモヤモヤと出来るもので、30~40代の女性に見られるもの。
妊娠やピル、更年期など女性ホルモンの影響や、精神的なストレス、過度のマッサージなどの刺激が原因で出来ることがあります。閉経後、高齢になると軽快することもあります。
<改善方法>
トラネキサム酸などの内服薬を数か月服用することが有効的。治療を始める前に妊娠の有無や他の服用している薬など、専門医の診断を受けることが重要。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」とは、老人性色素斑が、イボのように盛り上がったもの。わずかな盛り上がりから突起状などがあり、紫外線の影響や老化が主な原因で出来ることがあります。
<改善方法>
セルフケアで消すことは出来ない。
美容皮膚科や外科で治療にレーザー、凍結療法、手術など。

雀卵斑(ソバカス)
「雀卵斑(ソバカス)」とは、遺伝や紫外線によって発生するシミで、幼少期に発生し思春期にかけて濃くなることがあります。
色白の人に比較的多く見られ、一般的にソバカスと呼ばれています。顔は鼻を中心に、体は肩から肘にかけて広がり、紫外線に当たったり妊娠すると増えることがあります。
<改善方法>
美白化粧品などホームケアは難しい。美容皮膚科での治療に内服、外用薬の処方、レーザーやケミカルピーリングなどがある。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
「花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)」とは、強い紫外線を浴びる、日焼けを繰り返した肌に、花びら状に背中や肩に出来るもの。
数年後に発症することがあり、日焼けすると赤くなる、日光に長時間当って水膨れになった後に出来やすくなります。
<改善方法>
花弁性色素斑は広範囲に出来るものが多く、美白化粧品などホームケアでの改善は難しい。美容皮膚科での治療にレーザー治療などがある。

 

まとめ

自分のシミがどれに当てはまるか、確認出来ましたか。
顔や手の甲のように発見しやすい部位と、背中や肩、お尻のような気付きにくい部位があり、さらにそれがどの種類なのかを判断することは難しいものです。
ずっと気になっている、もしくは長年プレックスで悩んでいたら、美容皮膚科でどのような治療法があるのか、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。