繰り返すニキビ・ニキビ跡が気になる!アクネレーザーを調査しました

ニキビは自力で治すことが難しいことを知るべき

おでこにニキビが!今度はあご?
甘いものを食べると翌日現れるニキビ。25歳を過ぎて出来るものを「大人のニキビ」と呼びますが、三十代、四十代になっても悩まされる……。しつこいニキビ、一日も早くスッキリ解消したいですよね。
今回は、BMS編集部ならでは!女優さんに取材で伺ったニキビ改善エピソード、さらにニキビ肌の事情を知るために美容皮膚科の施術について調査しました。

ニキビは炎症を起こしている状態

今出来ているニキビ、いつ肌表面にあらわれましたか?
ニキビは大きく分けて2タイプ。

●10代から二十歳前後に出来るニキビを「思春期のニキビ」
●20歳以降に出来るニキビを「大人のニキビ」と呼ばれ、
どちらも毛穴に汚れや老廃物が詰まって、そこに細菌が繁殖して化膿、炎症を起こしている状態です。 肌トラブルだということがおわかり頂けると思います。
もしニキビを自分で潰したり、コンシーラーで隠すような行為を続けていたら、 肌が悪化の一途をたどってニキビが悪化する状態を、自ら招いたということに。

大事なことはいじらないこと。
清潔な状態を心がけること。
この2つ、実践してみましょう。

肌の凹凸は隠せないから女優の美肌はホンモノ♪

テレビの画質がどんどん良くなる今日。
女優やタレントの顔がアップになると、滑らかで光を跳ね返すような美しい肌を見て、どうしたらこんなにキレイになれるの?なんてうらやましくなりますよね。
テレビでも雑誌でも広告になると修正されて、どこまでがリアルな肌なのか判断するのが難しいですが。
女優さんのドラマに登場した時の肌は、ライトは当てているものの、凹凸までわかる気がします。
そんな見られる職業の多くが、ニキビ1つ許されないという世間の厳しい目もあって、肌のコンディションを常に整える努力をしているようです。

皮膚科・美容皮膚科でニキビ治療

実際に女優さん数名に、ニキビ対策、及び美肌維持の秘訣を取材させて頂くと、皮膚科や美容皮膚科で治療やメンテナンス、必要な施術を取り入れているというお話を伺うことが出来ました。
一般の人たちも、同じ内容の施術を受けることが出来るそう!
その前に予備知識、身につけておきましょう。

美容皮膚科と一般皮膚科の主な違い

ニキビは皮膚の炎症とわかったら、一般皮膚科と美容皮膚科、どちらを受診したらいいの?という疑問―。
その違いは、一般皮膚科は、皮膚の疾患で放っておくと悪化や病気を招くようなトラブルを治療する、治療が必要な肌トラブルが対象です。

一方、美容皮膚科は皮膚の病気ではなくても、皮膚トラブルや悩みを解消して美しい肌にすることを目的としているため、ニキビが治らない肌の改善、ニキビ痕、色素沈着なども治療対象になります。そこで気になるのが、治療費のこと。
美容皮膚科で病気やケガと判断されない場合、保険適用にならないことがあるということを覚えておきましょう。

 

レーザー治療と光治療の違い

 

美容皮膚科のニキビ治療を調べていたら、「レーザー治療」と「光治療」という科目を目にしたことがある人もいるかと思います。
どちらも専門的ですが、知っておくと肌にどんなことが起こるのかイメージ出来て、施術の理解が深まりますので説明させて頂きますね。

レーザー治療:単一の波長をトラブルが生じている箇所にピンポイントで照射。
光治療   :多種の波長を、局所的ではなくいくつかの症状に幅広く照射。

それぞれが肌状態に合わせて、ポジティブな効果をもたらすと考えられています。
レーザーにも複数種類があり、波長によって肌に届く深さが異なります。

 

ニキビ改善向きのアクネレーザーとは

ニキビを治すのに適しているレーザー治療は、美容皮膚科、もしくは美容クリニックで受けることが出来ます。
レーザーのマシーンは日々刻々と進化し、施術の痛みやダウンタイムの短縮、効果など、キレイな肌を叶えることが、とても身近になっています。
今回、繰り返すニキビをストップさせたいという目的に沿う方法を探し、美容皮膚科で行われている「アクネレーザー」に着目しました。
ニキビは、皮脂量のバランスの悪さが原因で毛穴の中にアクネ菌が増殖し、それが毛穴を塞いで悪化します。
「アクネレーザー」は、表皮にレーザーを照射することで、皮脂コントロールとアクネ菌の減少・抑制。今あるニキビはもちろん、肌を根本から整えてニキビが出来にくい状態に導く、ニキビ肌改善・予防に向いている治療方法です。

ニキビ痕が消えてハリ・弾力もアップ

「アクネレーザー」の特徴は、肌表面から奥に点状の熱だまりを発生させて、皮脂に働きかける、他にも皮膚が活性してハリ・弾力に欠かせないコラーゲンの増生させる効果があるそうです。
皮膚の活性化とは、ターンオーバーが正常に働く(皮膚の奥の古い細胞は押し上げられて、新しい細胞が美しい皮膚をつくる)こともその1つです。
結果、ニキビ痕が残らなくなる、 「アクネレーザー」が美肌づくりをバックアップしてくれると捉えることが出来ますね。

さらに!
●痛みを感じにくい
●ダウンタイムの軽減
●治療時間は約10分

痛みや腫れなど個人差があるため、一度専門医の説明を聞き、カウンセリングを受けることが大事です。 一人でニキビ肌に悩んでいるなら、美容皮膚科での治療方法を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ
ニキビはいつか治るとそのままにしておくと、悪化の一途をたどる可能性があります。痕になっていれば色素沈着することも。一日も早く改善のために、専門医の診察を受けるようにしましょう。