スキンケア

美肌の5条件に基づく肌ケアはシンプルでパワフル!

忙しくても美肌!理想を叶える5条件とは

仕事や家事に追われているのに、肌がきれいな人って何をしてるんだろう。
その疑問を解きたいと調査したところ、「パワフルでシンプルなケア」にたどり着きました。皮膚理論と合わせて、日常生活に何を取り入れたらよいか、素肌美の秘訣を紹介いたします。

美肌の条件のマスターがステップアップに

美肌、美肌といっても、そもそも何をもって美肌なのか。
何事も疑問や興味をもって、それを正しく理解することは、結果豊かな心を育んでくれます。そこで早速調べてみると、美容部員が接客前の研修で学ぶテキストに「美肌の条件」がありました。まとめると次のようになります。

●皮脂膜が安定
●水分と脂分のバランスが良い
●血行が良い
●ターンオーバーが正常
●真皮層が充実

ご自身の肌、どうですか?

肌のバリア機能のサポートするスキンケアの実践

「美肌の条件」をわかりやすく表現するなら、肌の内側はギリギリまで潤いで満たすこと。
つまりバリア機能が快適で、キメがふっくらしている状態が、輝く上質な肌に導かれるということに。では、その逆の、条件が満たされていない時の肌状態も確認しておきましょう。

●皮脂膜が不安定になると…
皮脂が不足した場合、外気の乾燥に弱く肌が過敏に。
皮脂が過剰の場合、毛穴に目詰まりを起こし、肌ザラつきやニキビの原因に。
●肌の水分と脂分のバランスが崩れると…
バリア機能が低下し、肌の水分蒸散や維持が出来ず、かさついてくる。
乾燥すると肌のしなやかさが失われる。
●ターンオーバーが崩れると…
表皮が厚くなってくすみやごわつきが目立つ。シミやソバカスも発生しやすい。
●血液循環が不調になると・・・
血色が悪くくすみやくまの原因に。肌に大事な栄養が行き渡らず、肌全体に活力が感じられない。
●真皮の状態が悪くなると・・・
コラーゲン、エラスチンの維持や生産する力が衰え、ハリと弾力を失いたるみに。

まとめ

美肌の条件は5つ。少しでも良い条件に近づけることが理想です。忙しい人でも日々の生活の中の習慣にして、見違えるような肌づくりをしてみましょう。