目もと

目元に明るさがほしい!失ったハリ感に輝きをも与える方法

実年齢を上回る印象は目元のハリのなさが関係

全女性の悩みともいえる「目元のクマ」。
疲労感や老け見えにつながるから美の大敵ですよね。いろいろ試してケアしているのに、クマが目立ってきた……
実は「クマ」にはタイプがあり、それに合う正しいケアを行わないと深刻な悩みに直面することも。今回は「目元のクマ」に狙いを定めた対策法3選、イキイキ目元づくりの秘訣をご紹介します♪

1年後、5年後の若々しい目元のために今すべきこと

睡眠不足や疲れが溜まると表れる肌の不調。
そこで乾燥が気になったらたっぷり保湿、むくみが気になったらマッサージをして一晩寝ればしっとり♪スッキリ♪なのに「目元のクマ」だけは改善しない……。

その原因を探ってみると、「まぶたの薄い皮膚と血流」というデリケートな肌の条件に、乾燥や紫外線など複合的な要因によるもの。
そんな繊細な目元には、「目元のクマをストップするための、今からのケア」が必要だと判明しました。若々しい目元の目指し方、次の記事を参考にしてみてください。
なぜ「目元のクマ問題」は未解決のままなの?
美肌にとってやってはいけないことの1つに、間違ったケアがあります。
「目元のクマ」がなかなか改善されないなら、ケアの基本に立ち返ることで解決の糸口が見つかるかもしれません。何はともあれ基本!
「目元のクマの特徴」を、皮膚の専門医の監修をもとにご紹介いたします。

クマがある人の顔の印象

顔の印象を大きく決める目元。
目の下にクマがあるとどんな風に見られているのかをまとめてみました。

〈目元に「クマ」がある時の印象〉
●目まわり、目の下がくすんで疲れて見える。
●透明感が感じられない。
●乾燥、小じわ、たるみなどが目立つ。
疲労感と実年齢を上回る印象、これは何とかしたいですよね。

茶クマ・青クマ 見た目の色で原因を知る

目元の悩み用の美容液を探していると、「茶クマ対策用」とか「青クマ対策用」というように、クマの色を基準に製品を揃えている化粧品ブランドがあります。
色別の理由を知りために、まずは原因をまとめました。

〈目元の「クマ」の種類と主な原因〉
〈茶クマ〉色素沈着によって出来る:紫外線・メイク、メイク落としの摩擦
など。
〈青クマ〉血行不良によって出来る:睡眠不足・体調不良など。
〈黒クマ〉皮膚のたるみ、凹凸の影で目立つ:加齢・たるみ・むくみなど。

日常生活の中で、「目元のクマ」が出来る要因に囲まれている、と捉えることが出来ます。種類と特徴、主な原因が把握出来たらどうやって「クマ問題」に立ち向かうか……。対策法を見ていきましょう。

老け人相をストップ!クマに効果的な対策3選

目の下の皮膚は薄いことは、ご存知の人もいらっしゃるでしょう。
その薄さは、「真皮層」(肌のハリ・弾力に大事なコラーゲンやエスチンが存在)の血管が透けて見えることもあるほど。

それだけに目の下のクマのようなエイジングが目立ちやすいのです。
エイジングに打ち勝つ秘訣とは、「トラブルを生み出してしまう前に今出来ること」。さらに「“クマの悩み知らず”の状態にしてしまうこと」、 この2つに注目し、実際に効果を感じられる方法を調査してみました。
化粧品の美容成分を上手に導入
目元だけでなく美しい肌を育み維持するためには、ベーシックケアの継続が大事!いつものスキンケアの効き目が感じられなかったら、その方法が適していない、もしくは肌体力が低下している証拠と捉えてみましょう。

まずは血行促進効果が期待出来る、潤いがしっかり届く化粧品で肌の活力アップを意識してケアしてみてください。
次は化粧品選びに役立つのが美容成分なので、参考にしてみてくださいね♪

〈保湿〉セラミド・ヒアルロン酸・NMFなど
〈ハリ・弾力〉コラーゲンなど
〈クマ対策〉
●茶クマ:ビタミンC誘導体など
●青クマ:ビタミンEなど
●黒クマ:ビタミンC誘導体・レチノールなど

化粧品メーカーがオススメする美容成分にも注目!

他にも「青クマ」には血行促進をバックアップする「炭酸パック」や、「茶クマ」にはメラニン生成を抑える「フラーレン」など、各化粧品メーカーによってうたっている美容成分や配合量にも、高い効果が期待出来るものがあります。

事前に情報収集し、さらに美容部員さんの説明やカウンセリングを受けてから製品を試すことも1つです。

食べ物の栄養を肌に行き渡らせるケア

血行の良い体は、質の良い血液から肌に栄養が行き渡り、美肌を育んでいきます。 肌表面のケアと同時に、体の中から美肌ケアをする。
それは「健康と美容」は切っても切り離せない関係という考え方がベースになっています。

中でも肌の細胞の代謝を活発にすることは、肌疲れの回復や新しい肌細胞の生まれ変わりに大切な役割をします。その働きに欠かせない栄養素を再確認して、食事のメニューに役立ててみましょう。

●ビタミンA,ビタミンC,ビタミンE
(この3つをまとめてエースと呼び、抗酸化成分として知られています)
●ビタミンB群
●鉄分など

美容クリニックで受けられる施術について

「目の下のクマ」の中でも、手の施しようがない人もいるでしょう。
こちらでは厄介なクマ改善に効果的な、美容クリニックで受けられる施術についてご紹介します。

〈レーザー治療〉
美容クリニックで受けられるレーザー治療に、
●血行を良くして肌の細胞を活性化させる「青クマ」改善に効果が高いもの
●メラニンを取り除いて美白の肌に導く「茶クマ」改善に効果が高いもの
があります。肌の表面と内側の双方に働きかける本格的な改善が見込めます。レーザーの強さや照射時間によって肌への負担が異なるので、気になることはカウンセリング時にしっかり聞くようにしましょう。

〈ヒアルロン酸注入〉
気になる目元のくぼみ、しわ、たるみ部分に直接注射でヒアルロン酸を注入し、ふっくらさせてクマを目立たなくする施術です。 影で目元が暗くなっている「黒クマ」に向いています。 皮膚にメスを入れないので負担が少ない、出血が少ない施術になります。効果の持続性は短く、入れ過ぎると表情に違和感が出るので注意が必要です。

まとめ

目元のクマが気になる、セルフケアに限界を感じたら改善を考えるタイミングです。手を抜かずに行うお手入れと、美容クリニックでの施術がこれからの美しい目元の可能性を広げてくれますよ♪